ヘッダー画像

プロフィール

Mimy

Author:Mimy
おうちサロンでエネルギーワークとパステルアートをやっています。

HealingSalon Mimy

最新記事

ブログランキング

応援ありがとうございます

FC2ブログランキング

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    
            

スポンサーサイト

--/--/--
category - スポンサー広告
                         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                 
                                      
            

暗黒の惑星

2013/03/03
category - 未分類
                         
apollo16_earth_northamerica_nasarr.jpg
                     [画像提供:NASA]

青くて美しい惑星地球。

そんな惑星に住む私達人間。

宇宙には無数の星が存在していますが、

宇宙科学では太陽系で地球以外に知的生命体の存在はまだ発見されていません。



しかし太陽系以外の遥かかなたの天体には

知的生命体が存在している可能性を多くの天文学者が指摘しています。

これも今後、長い長い時間をかけて解明されて行くのでしょうね。


太陽系の知的生命体である人間。

知的生命体は本当に地球以外に存在しないのでしょうか・・・。




PIA16604_ip_nasar.jpg
                             [画像提供:NASA]




実は宇宙には次元の違ったさまざまな宇宙が重複していて、

目に見える宇宙と目に見えない宇宙が存在しているという話しがあります。



目に見えないけれど、そのどれもが地球と同じ「物質次元」のもの。

だけど「次元がちがう」ので、地球人には肉眼で認識することは出来ません。

また異次元惑星からも当然地球の生き物は認識できません。



また、異次元惑星人の「動きの速さは地球人の何百倍もの速度」なので、

地球人の目に映ったとしてもガスかモヤ程度にしか見えないということです。

逆に相手から見れば地球人の動きの速度はあまりにも遅すぎるため目に映りません。



簡単に言えば、現実に存在していても波動エネルギーが違うと

お互いを肉眼で認識出来ないというようなことでしょうか。





taiyoukeizur.jpg
                        [画像提供:powerforce.moo]





宇宙というのは私達が学んでいる宇宙像だけではなく、

もっともっとスケールが大きく計り知れないものが存在している。

私達は知らない事の方が多いという事がよく解ります。



そして・・・

太陽系の異次元木星には地球よりずっと進化した人間が存在し、

異次元火星には最も進化の遅れた人間が存在しているということなのです。




P1020027r.jpg




じゃあ私達の青くて美しい地球はどのくらい進化した惑星なんだろう?

残念ながら私たちの地球は、異次元火星に次いで

二番目に進化の遅れた惑星だということなのです。


何故なのかは後でお話ししますね^^



ところで、他の惑星人はどんな生き物なの?

と、疑問が湧いて来ますよね^^



異次元で暮らす惑星人もこの地球に住む人間も

次元は違うけれど同じ人間なのだそうです。



でも、地球人と同じ容姿ではありません。

その惑星にあった肉体を持ち、その肉体は私達地球人には

およそ想像のつかないものであるそうです。




P1010909r.jpg




ならば何が同じなのか?


それは霊体です。

霊の種類が人間なのです。

人間は人間という種類の霊体で、個性を持っています。

霊体は肉体を脱ぎ捨てれば異次元の人間も

地球の人間も同種の霊体ということになります。



「じゃあ、次に生まれ変わるなら他の惑星に生れよう」と思っても・・・

それはなかなか簡単には出来ないそうです。

不可能ではないけど、それに近いかもしれません。



何故か?  それはここには書ききれない程の量になってしまいますのでパスしますね^^;



地球は知的生命体が住む惑星の中で下から2番目に霊性進化の遅れた星。

私達の星が何故そんなに進化していない星なのか。どこがいけないのでしょうか。




hst_ngc4414_9925nasar.jpg
                             [画像提供:NASA]




霊というのは、肉体もそうですが「宇宙の摂理」に沿って動いています。

摂理(法則)の中で一番大きなものは愛(利他性)のエネルギーです。



地球はその愛(利他性)の欠如が著しく利己性が強いというのが第一の原因と言われています。



利己性が強いと言う事は物欲が強く、

利他性が弱いと言う事は霊性が弱いという事なのです。



これは当然ながら摂理に反した生き方なのです。



利己性から生まれるものは苦しみです。

地球では戦争、紛争、殺人、弱い立場のものへの(動物も含め)虐待、残虐行為、

小さな事をあげてみれば、肉食、お金への執着、見栄や権力主義等々・・・

自分さえ良ければ良いという考えです。



思い浮かべてみれば本当に悲惨な事が多いですね。

これでは確かに下から2番目の星と言われても認めるしかありません。




P1070965r.jpg




下から2番目の進化の遅れた地球。

でもそこが私達の故郷であり、大切な生きる場所。



私達はこの地球にしっかり足を着けて、この場所に生まれて来た理由を思い出し

摂理に沿って生きる努力を惜しまないこと。



それが何より一番大切な事と私は思います。

少しでも健全な星になって、全ての生き物が安らぎの中で生きて行けますように。




P1050194r1.jpg




どうか平和で幸せな地球に進化して行きますように。


それは私達人間の手にかかっているのです。




「生命体のいる天体(惑星)は宇宙に無数に存在しますが、その中で、
地球より進化のレベルの低いものは他に一つしかない」 シルバーバーチ









¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨



動物への残虐行為が無くならない限り、地球から戦争は無くなりません。

象牙採取の為に生きたまま顔ごと切り取られた像
死にきれず糞尿を流しながら長い時間苦しみ、痛みに耐え、やがて死ぬ。
人間はお金の為なら何でもする。転載元



象牙取引禁止を目指して署名をお願いします。3月14日まで。
どうぞご協力をお願いします。

署名はこちら
WWFジャパン










jisinbanner.jpg        







            
         sumire.gif応援よろしくお願いします^^

        










                
スポンサーサイト
                
                                      
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。